ポップダンスは独学で上達することも可能!方法は?




何事においても、必ずスクールに通わなければ学ぶ事ができないと言う事ではありません。

ポップダンスは独学でも十分に上達する事ができるものも多く、一番大切な事は、その人のやる気と正しい独学方法にあると言えるのです。

スポンサードリンク

ポップダンスは独学で学べるか?

ポップダンスにおいても、もちろん、独学は可能です。最近では、ネットでポップダンスの基礎や技を教えてくれるサイトも多く、それらを利用すれば費用など一切かけずに独学でポップダンスを学ぶ事が可能です。

その他、少しお金をかけて、初心者用のDVDを購入すると良いかと思います。DVDなら、基礎中の基礎から丁寧に教えてもらう事ができ、何度も繰り返し見ながら練習する事で実際、スクールに通っているのと変わりなく上達させて行く事も可能です。

中には、基礎から応用まで1枚のDVDに収められているようなものもあり、それらを選ぶ事で、たった1枚のDVDでポップダンスを独学で学ぶ事が可能です。

昔、ダンスブームだった頃、スクールなどに通わず独学でポップダンスを楽しんでいた人がほとんどでした。その事を考えると今でも十分、独学でポップダンスの腕を磨く事は可能かと思います。

独学で学ぶ必要なこと

独学で学ぶために必要なものとは、まず、ダンスを行える場所の確保です。大きな動きも重要になってくるポップダンス。その為、一定の広さを確保しなければいけません。

自宅での確保が難しい場合は、公園の広場でも良いかと思います。必ず、屋内でなければいけないと言うわけではありませんが、周りの人の迷惑にならない場所を選び練習する必要があります。

また、必ず基礎練習を怠らないと言う事も大切です。スクールの場合、強制的に行う事になる基礎練習。しかし、独学になると、そういった地道な練習をついつい手抜きにしてしまったり、飛ばしてしまったりといった人も出てくる事と思います。

それでは、やはり、上達する事はできません。
そういった強い意志も独学を選択する上では重要なポイントになってくると言えるのです。

スポンサードリンク

独学で練習する方法

まずは基礎トレーニングです。リズムやアイソレーションなどの基礎トレーニングを行いポップダンスの基礎を積み上げて行く事が大切です。

ここを飛ばしてしまうと後で付けが回ってきます。その為、必ず行う事が大切になります。基礎トレーニングの基本は、ボディコントロール、アイソレーション、筋力トレーニング、ストレッチ、リズムトレーニングなどになります。どれも決して楽しいトレーニングではなく、地味で大変なものばかりです。

しかし、これらをしっかり行うか行わないかで大きく違ってくると言えるポップダンス。場所も取らず行う事ができるため、自宅でのトレーニングにもお勧めなものばかりとなります。

中でも、筋力トレーニングやストレッチなど独学の場合、ついついさぼってしまいがちです。しかし、筋力トレーニングを行う事でダンスの力強さやスピード、キレを産み出す事ができます。また、ストレッチを行い柔軟性を磨く事で大きな動きを見せる事が可能になります。そう言った事を考えながら、基礎トレーニングを欠かさず行う事が大切です。

その上で、動画を見ながら練習を行っていくのですが、その際、動画ばかりを見るのではなく、必ず自分の姿も鏡や動画で確認する事が大切です。スクールに通っていないと言う事は自分の動きをチェックしてくれる人がいないと言う事になります。

その為、自分の動きも必ず自分でチェックしなければ正しい動きを行う事ができているかわからないまま練習してしまう事になってしまいます。

独学でも上達する方法

独学の場合、どうしても、練習場所の確保。時間の確保などから上達するまでに時間がかかってしまう事が少なくありません。その為、独学で上達する為には、質の良い練習メニューを自分で考える事が大切です。

また、スクールに通っていないと言う事で、練習時間も好きな時間に確保する事が可能になります。それをメリットの一つだと考え、練習時間を増やすと言う方法も必要になります。
その上で出来れば、同じ志を持つ仲間を見つけることです。

同じ目標を持つ仲間を見つけることでモチベーションをアップさせる事ができるほか、お互い刺激を与えながら上達する事が可能になります。

まとめ

以上がポップダンスを独学で学ぶための方法となります。ポップダンスの場合、必ずスクールに通い専門家に指導してもらわなければいけないと言う事はありません。

ただし、独学の場合、どうしても、変な癖がついてしまう可能性が高くなります。そんな癖は、一度ついてしまうと中かな修正する事はできません。その為、癖などが付かないよう、基本に忠実に練習する事を常に意識する事が大切になります。

また、機会があるようならば、ポップダンス経験者に自分のダンスを見てもらうなどする事で、自分では気付く事ができないポイントを指導してもらうこともできるかと思います。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です