アニメーションダンスは独学可能?どんな練習をすればいい?




アニメーションダンスをしていて、自分の動画を見た時に違和感を感じる事と思います。

独学でアニメーションダンスをするにはどうしたらいいのか分からない事が多いと思います。

アニメーションダンスの練習法と注意点を詳しく説明して行こうと思います。

スポンサードリンク

アニメーションダンスを独学でやることは可能か?

答えはYESです。独学でやる前に、自分の踊りを動画で見てください。

早さよりも遅い時とトップスピードの時の緩急が大切です。ゆっくりであればある程アニメーションダンスに見えてきます。独学でもきちんとした練習や注意点をきちんと理解していれば、独学でアニメーションダンスを学ぶ事は可能です。

独学でやる場合の練習方法

<1>基本姿勢を作る

足を肩幅よりほんの少し開き緩めて立ちます。腰も剃るような感じではなく、お尻を引っ込め気味にして立ちます。

簡単に言いますと全身の力が抜けたリラックスの姿勢です。

<2>関節を意識します。

体の各部位を意識してなおかつ独立して、動かすようにします。動画を見比べて、胸、首、肩、腰などの各部位を意識してそれ個人で動かすような練習です。

とくにアニメーションダンスはこの練習が大事になってきます。関節を意識して自由にコントロールできるように練習します。これができるようになったら、動きも様になってきていると思います。

人によって得意、苦手な部位がありますので毎日の連取が必要です。ほんの少しの時間でも体に馴染ませるようにすれば、上達していきます。ダンスは繰り返しが大切ですので、毎日の積み重ねが必要です。

<3>テクニックを身につける

ポップダンスでも使える、スローモーション・ムーブはアニメーションダンスで用いられる定番のテクニックです。これはいかにして空間を支配できるかが大切ですが、難しいようで簡単ですので初心者の人でもすんなりと持ち技にできますので、練習の際いは見様見真似でいいのでパフォーマンスしてみるといいかもしれません。大切なのはセンスです。

独学でやる場合のコツ

独学と言っても、最初から独学では難しいです。一回ダンサーが集まる場所で本格的な練習を経験して、それを独学に生かすといいです。

自分の踊ってる動画を撮って本物と比べます。

自分の変だと思う所をきちんと把握するのが大事です。細かいところまで確認していくこ事で足や腕の角度が微妙に違うのが分かってきます。そのような細かい所を確認して、細かく細かく治していく事によってどんどん良くなってきます。

ただ単に振りを覚えるだけでは、自分の癖だらけのダンスになってしまいます。気持ちだけで振り回されないように踊るといいです。音楽を聴いてそのリズムを体にしみ込ませる感じです。振りは夢に出てきたり、体がかってに動くぐらいに何回も何回も踊って体にしみ込ませるようにした方がいいです。

スポンサードリンク

独学でやる場合の注意点

独学でアニメーションダンスをやるには、いくつか注意点があります。

一つの部位をマスターするのに注意を払うのではなく、全体的に他の部位も、一緒に練習する事です。肩や首、そして全体の体の動きが最終的に必要です。

片寄った練習方法では、総合的に弱点みたいな所が出てきますし、繊細なスキルや動きが出来なくなってしまいます。動きを真似して練習するだけではなく、自分で新しい動きをあみ出せるぐらいになる事に注意して練習する事が必要です。

まとめ

アニメーションだけではなく、他のダンスでも独学でダンス練習するのには難しいですし、根気もいります。特にアニメーションダンスは他のダンスとは違いハードルが高いです。

他のダンスはステップを覚えたら音楽に乗って体を動かせば踊っているように見えますが、アニメーションダンスは他のダンスのレベルの練習では踊ったとしても何をやっているかわかりません。それぐらい独特です。

そのような難しいアニメーションダンスは独学で練習していると自分では完璧と思っていても、間違った練習担っている事が多いですので、動画を見てしっかり見た方がいいです。練習の際は必ず鏡を見て練習する事です。大切なのはどう踊るかではなく、どう見えるかという事が一番重要です。

その為基礎がないのにDVDをみて変な癖がついてしまうと、修正がするのが大変になってきます。そうなる前に細目に正しい動画を見るのが必要です。

実際DVDだけで上手くなる人はたくさんいます。ダンスは毎日練習して、体に覚えさせるのが一番です。それに楽しんで練習する事です、無理して精神状態が悪い状態で練習していたらメンタル的にも落ちていきますし、上達しません。大事なのは一番最初の楽しい気持ちを忘れないで、ダンスを楽しむ事です。

たとえ回りにダンサーがいなくてもDVDやネットから情報を得られる事が出来ますので、それを利用しないのはもったいないです。もしかしたら、そのように練習している内に天性のダンスの才能が芽生えるかもしれません。

スポンサードリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です