ストリートダンスとヒップホップの大きな違いとは?





アーティストとして生きるためには技術が必要です。

それはジャンルの違いとして選ぶより、そのメッセージ力の力点の問題です。もし、その仕事で生計を得るなら、覚悟しておく現実と、厳しい社会適応能力が必要になります。

今回は、ストリートダンスとヒップホップの違いについて紹介します。

スポンサードリンク

ストリートダンスとヒップホップの違いとは?

ストリートダンスと言うのは、いわゆるサブカルチャーに属します。

サブカルチャーという時点で、比較的アンダーな性格の強いものです。ストリートダンスの上位にブロードウェイダンスがあり、その上に、バレェダンス等があります。ストリートとついている時点で、街中の路上のという意が加わり、市民主義的なというシチズンライクな趣も呈しています。

そして、ヒップホップと言うジャンルですが、主に歌謡の分野での意味合いと、ファッショナブルな意味合いでの言語の使用法があります。

ヒップホップのジャンルを高めた状態で、芸能のステージにも進出することがあります。それは、プロダクションや、CDジャケットの役割の大きい業態になります。

ストリートダンス自体は、メジャーステージの話に持って行ったとしても、金額の発生しない、いわゆる市民ライクなダンスと言う程度です。しかし、ヒップホップは、歌として、レーベルデビューすることもあり、その点では、金額のあるステージになります。

ですので、ストリートダンスでは生計を維持することは難しく、ヒップホップでレーベル上に乗れば、生計感覚のつくはなしです。

ストリートダンスの上位である、ブロードウェイダンスになったとしても、力量がプロであったとしても、生計をそれだけで建てるのはむずかしいはなしです。バレェダンスになったとしても、登竜門の狭い世界です。

ストリートダンスと、ヒップホップとしての共通部分とすれば、それが、フリーランスの業態であることと、その技能があったとしても、実質家業としてなりたつかどうかは、目下未定という言い方もできます。

アート関連の職業とは、生計を建てる事を目標としなければ、専業になることはできません。要するに、ストリートダンスもヒップホップも、独自技術と言うかたちになり、産業の枠内には入りにくい業態なのです。
あえて、レーベルデビューという形でも専業でやるかどうかについては、フリーランスの資格を持てるかどうか等の微妙な段階になります。

両者とも、成功を目的とはしていても、難色を極める世界です。

スポンサードリンク

ダンスの特徴の違いとは?

ストリートダンスと、ヒップホップ系ダンスの違いはあります。

ストリートダンスでは体でなにかを表現し、ヒップホップではメッセージ色のアピールによるダンスになります。

要するに、ハードな運動能力か、それとも表現性によるアピールかという事です。

ブロードウェイダンスまでになると、それが、産業の中に入る可能性もあるのですが、その段階はプロデュース側の仕事をこなせるかどうかのはなしなので、従業員としての仕事になります。

もし、ヒップホップでのダンスを込みでレーベル上のことで、考えるなら、それはCD会社のプロデュース理論に乗っ取ってという形になります。

なので、CDレーベル上の意味は、レコード会社の従業員です。その上で、動画で公表できるのなら、会社からの指令があるかどうかになります。

ストリートダンスは動的、ヒップホップは話的という言い方もできますが、実際のアクティブ性と金額のことに関して言えば、その母体はレコード会社のプロデューシングのあるかないかのはなしです。

まとめ

よく、オーデションという言葉を耳にしたり、眼にしたりしますが、アピールと言う点では、その母体会社は何も求めていません。そして、自己アピールが全くない時点で、オーデションからははねられる可能性は高いです。

何を目的に、ストリートダンスとヒップホップをやっているかという事が問題であり、そこに、個人の動的なそして話的なメッセージ性がなくては、なにも意味が無いのです。
そのアーティストとしてのメッセージ性が、レコード会社のプランニングに沿うかどうかが、ポイントとしてあります。

そこには、売れる・売れないの実質的な問題がある訳ではなく、ステージ演出の為の起業立案が、こなせるかどうかの、従業員としての力があるかどうかがポイントなのです。
そこの従業員になるためには、基礎的な力量が既にあるかないかの時点で判断されるので、訓練学校があるわけではありません。
アーティストとして、フリーランスの立場を貫くには、誰にも教わっていないテクニックがないといけないのです。
なので、研修機能があるわけではなく、その母体企業からは、自信でトレーニングしていてください、と適当にあしらわれる程度です。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です